消費者金融の審査について考えてみる

実際に消費者金融を利用しようとする場合、どうすればいいのでしょうか。
例えば、お店でものを買うような感覚で、「お金をこれだけ貸してください」といえば簡単に貸してもらえるのでしょうか。
といったらさすがにそうではありません。

ちゃんと、消費者金融を利用するときは、審査が必要となります。

では、その審査とはどうなっているのでしょうか。
一つは、その会社で設定している審査基準に合わせるということです。
ちなみに、申し込みをするときに個人情報を記載する必要があるのですが、その時は虚偽の申告はしないようにします。
これは簡単にばれてしまうからです。
また、勤続年数や企業名などでも、審査の通りやすさが変わってきたりします。
やはり大企業のほうが高く評価されます。
また、借家よりも持ち家の人のほうが高く評価される傾向にあります。

ちなみに、在籍確認というのもあります。
これは、消費者金融でお金を借りるうえで、必ず行われることです。
申し込みの時に勤務先を記載するのですが、消費者金融側はその記載されている会社に電話をかけます。
ただ、このときですが、消費者金融の名前を出して電話を掛けることはしません。
知人などといって電話をかけてくれるので、会社側に消費者金融を利用しようとしているのが知られることはありません。

ということで、消費者金融に申し込みをするときですが、このときは正直に申告する必要があります。
例えば、何社からもお金を借りているのであればそれをしっかりと申告するのです。
また、持ち家があるほうが高く評価されるからといって、そこで虚偽の申告をするのは間違っています。
結果として消費者金融側に虚偽の申告がばれてしまい、審査に通らなくなってしまう可能性もあります。

ちなみに、初めて消費者金融を利用する人にとってはその審査に対しては不安を抱くかもしれません。
ですが、実際のところ、それほど困るようなことはないので、安心して審査を受けるのがお勧めだとされています。

a-16-7
コメントa-16-7

コメントは停止中です。