過払いについて知ろう

過払いといえば、必要な返済分以上に金融業者に支払ってしまうことを言います。
そしてこの「過払い」という言葉を、ここ数年でよくみかけている人もいるのではないでしょうか。

さて、消費者金融 過払いといえば、貸金業法が改正されて、かなりクローズアップされるようになりました。
これは、いわゆるグレーゾーン金利と呼ばれる金利による払い過ぎによるものです。
返済する必要以上の返済をした場合、払い過ぎの分の返金を請求することができるようになりました。

とはいえ、実際に消費者金融 過払いに気づいたとしても、仕事をしていたりすると、なかなか消費者金融と話し合ったりすることができません。
そのため、過払い請求をしたいときは、司法書士などにお願いするのがお勧めだとされています。
これにより、司法書士が過払い請求を代理で行ってくれるようになるからです。

なので、実際に今消費者金融を利用していて、かなり長期間にわたって返済しているのになかなか借入額が減っていかない人とか、
あとはすでに完済してしまった人であっても、過払い金があるかどうかを調べるのはメリットがあります
ということで、消費者金融 過払いがあるかどうか気になるときは、まずは相談してみるのも一つの方法です。

ちなみに、過払い請求はぜったに誰かに代行してもらわなければならないというわけでもありません。
実際のところは、自分でも行うことはできます。
ただ、その問題が解決するまでには3か月とか半年とかを費やしてしまうので、
個人で行うのにはかなりの時間と労力が必要となります。
なので、一般的に、代行を利用するのがお勧めだといわれています。

また、代行を依頼する先としては、2種類あります。
一つは、弁護士です。
そしてもう一つが司法書士です。

どちらを利用するかは、個人の自由ですが、140万円を超える過払い金の場合は、弁護士のみの対応となります。
また、司法書士の場合は、一般的に費用が弁護士よりも安めだといわれています。
ということで、過払い請求をしたいときは、弁護士か司法書士に依頼するのがお勧めだといわれています。

a-37-7
コメントa-37-7

コメントは停止中です。