総量規制について考えてみよう

2010年6月に施行された法律があります。
それが、貸金業法です。
そして、その内容として、総量規制があるのですが、それが消費者金融に関して貸す側にしても、借りる側にしても大きな影響を及ぼしています。

さて、総量規制とはなんでしょうか。
これは、簡単に言えば、消費者金融とか銀行とか、融資に関して年収の3分の1を超えるお金を貸すことができないとするものです。
なので、例えば年収が300万円の人であれば、100万円まではお金をかりることはできますが、それ以上は借りられないということになります。
ということで、年収のない専業主婦などは、基本消費者金融を利用することができなくなりました。

勿論、これには例外があって、専業主婦の場合は夫の収入を証明できるものと、夫の同意書などがあれば借りることもできます。
ただ、家族に内緒でお金を借りることはできなくなりました。
また、家族に内緒で借りるためには、パートとかアルバイトとかをして一定の収入が得られる状態にしておく必要があります。
ですが、パート代・アルバイト代の3分の1の借入となるので、そんなにたくさん借りることができないのが現状です。

ということで、仕事をしている人も、そして仕事をしていない人も総量規制により、新たな借り入れが難しくなっているのが現状です。
既に年収の3分の1を借りている人は、新たに借りることはできないこと、また、新たに借りるためには、残高を年収の3分の1まで減らす必要があります。

とはいえ、この総量規制ですが、これの対象となっているのは消費者金融・クレジット会社・事業者金融会社などとなっています。
なので、銀行からの借り入れに関しては、総量規制の対象外となっています。

ちなみに総量規制ですが、それぞれの会社で年収の3分の1まで借りられる、というのではありません。
どれだけたくさんの会社からお金を借りたとしても、その合計額は年収の3分の1まで、ということになっています。

a-67-7
コメントa-67-7

コメントは停止中です。